Everyday for my future!

一日一生。

留学に行く理由

こんにちはKomiです。

 

ラボではとっくに夏休みが終わり、再び忙しい研究生活が続いています。こんなんで、9月の終わりに受けるIELTSの試験は大丈夫なのかと、心配になったりもしますが・・・。

 

さて、今日は留学に行く理由について、少し真面目に書いてみようと思います。 

 

留学へ行く理由は?

f:id:komilog:20170831222519j:plain

さて、もうすぐ秋ですね。秋になると留学にむけた奨学金の申込のシーズンです。そして今は忙しい研究の合間を縫って、応募に向けた情報収集中なのですが、奨学金の願書や面接で必ず訊かれるのが、上の質問。 

なんで留学するの?

留学でどんな自分になりたいの?

 もちろん、最初のキッカケはいろいろありますよね。

知らない世界に飛び込んでみたいとか、海外の人とふれあいたいとか、英語がうまくなりたいとか。。。

 

僕の場合は「新しことに挑戦してみたかった!」・・・飽きやすい性格なので(笑)

 

ただ、僕もそうですし、多くの人も同じだと思うのですが、はじめからしっかり「留学への想い」や「目的」なんて持っていないと想います。

最初は、なんとなく興味を持ったとか、先輩から話を聞いて面白うそうだった、とかそんな理由で、徐々に準備を進めていったりするうちに、「自分はコレがしたい!」という気持ちが固まってくるものだと思いました。

(自分で準備しといて自分でその気になっていくやつ・・・)

 

自分の目標やゴールをしっかり持つのは、留学を充実させるために重要です。

 

その意味で、奨学金への応募は結構いい機会になりました。(まだ終わってないどころか始まってすらない。。。)

応募書類や面接では、なんとなく〜、ではダメですから、それまでにきちんと自分のやりたいこと、留学の目的、留学への想いなどを整理しておく必要があります。

 

f:id:komilog:20170831225639j:plain

↑自分はマインドマップを使って、頭の中を整理しました。奨学金の願書向けに、恥ずかしいことが書いてますが・・・。

余談ですが、Coggleっていうオンラインでマインドマップが無料で作れるツールを使っています。

 

留学はお金と時間がかかる

留学はお金も時間もかかる行為です。たとえ奨学金をもらっても、それは税金であったり、誰かの寄付であったり、他の人のお金で勉強しに行くということです。また、親のお金や、自分でバイトしたお金で行く人も多いと思います。そして同時に、学生時代の貴重な数ヶ月ないし数年という時間も払う必要があります。

だからこそ、有意義に過ごさないとダメなのです!

日本にとどまってはできないこと、学べないこと、知れないことを得るためだからこそ、自分の人生の多くの時間と多くのお金を払って留学へ行く意味があるのだ、と。

 

留学へ行きたい、と初めて親に言ったとき、反対されることはありませんでしたが、「単に海外に行きたいだけなら、意味がないよ」と言われました。

語学留学にしても、交換留学にしても、研究留学にしても、単に海外で学んでみたかったからなんとなく行った、留学に行ったらなんか変われるかと思ったけどなんも変わんなかった、ではもったいない。

だったら日本にいて、同じだけの時間とお金と熱意を別のことに注いだほうが、もっと有意義だと思います。

 

 

 

いろいろ最近考えてたことを書き連ねましたが、まあ毎日楽しくやってます。

そして最近、お世話になる予定のラボの教授にメールを書きました!が、全然返信が返ってきません・・・汗(ヤバイ)

 

この話はまた今度。

 

ではまた〜。